タグ別アーカイブ: 葉酸

妊娠中に取り入れたい栄養素「葉酸」

妊娠するとお腹の赤ちゃんへの栄養、そして自分自身の栄養も必要で、食への関心が高まりますよね。

どれを食べればいい、どれを食べ過ぎるとよくないなど妊娠中は気を遣うことばかりです。

ですがしっかり栄養を摂らないとお腹の赤ちゃんが栄養不足になるどころか、お母さんまで栄養失調になりかねません。

しっかり食事をとり、時にはサプリメントを使い上手に使うのがオススメです。

また、妊娠の時期によって必要な栄養素が変わってくることもあります。

なかでも妊婦さん向けの雑誌でもよくサプリメントで取り上げられ、妊娠を機に葉酸という栄養素を知った方が多いのではないでしょうか?

この葉酸、妊娠中には摂り入れたい栄養素なのに食べ物から摂取するのが大変難しい食材なんです。

〇葉酸の摂り方

葉酸は水溶性の栄養素なのです。

水溶性とは水に溶けてしまう物質で、調理過程で茹でたりすると、その栄養素がゆで汁に溶けてしまうのです。

スープなどで摂取するにはいいのですが、おひたしなど茹でて調理する物では葉酸が流れて栄養が摂れなくなってしまうのです。

その代わり蒸せば、水に葉酸が溶けてなくなることもないので他の栄養もそのままいただくことができます。

ブロッコリーやアスパラ、芽キャベツは蒸し料理にもピッタリです。

また、菜の花には鉄分やカリウムも多く含まれていて妊娠高血圧症候群やむくみ予防にも大変役立ちますので、春に妊娠中の方にはゼヒ食べて頂きたいです♪

そしてほうれん草には葉酸が多い!とご存じの方も多いかと思いますが、下茹ですると栄養素が流れてなくなってしまいます。

菜の花やほうれん草など、下ゆでの必要な場合は野菜を洗った後、水気をサッときり、お皿に置いてラップをしてレンジで加熱すると簡単に茹でることができます。

〇季節によって摂りやすい葉酸

特につわりの時など、食べ物のにおいがキツイ、でも食べないのも気持ちが悪いという症状が出る人が多いかと思います。

そんな時はさっぱりして香りも強くない「いちご」がオススメです♪

いちごは冬から春にかけてスーパーでも手に入りやすく、スグ食べられるのでお手軽でオススメです。

いちごの出回っていない夏には枝豆で葉酸が摂りやすくなります。

枝豆はさやに入った状態で茹でるので、ゆで汁に栄養素が流れにくく、茹でておけば簡単に食べることができるので、食べづわりの時などは簡単に食べられて少し固い目に茹でておけばかみ応えもあり、またカロリーも高くないのでオススメです。

ただ塩気があるとおいしいですが、塩分の摂り過ぎはむくみの原因になります。

妊婦さんはむくみやすいので、塩はなしで茹でるか少量で茹でる方がいいですよ。