タグ別アーカイブ: マイナンバー制度 借金

マイナンバー制度で金融機関のローン(借金)審査が通らない?

マイナンバー制度がいよいよ始まります。

これによって国民全ての方に番号が振られ、生涯にわたってこの番号を使い続けることになります。

マイナンバー制度は国民一人一人に番号を振り分け、個人情報を政府によって一元化されることを言います。

紐付されるのは

・所得(金融機関の貯蓄も含む)
・住所
・生年月日
・年金(滞納は即バレます)
・税金(未納は即バレます)

などが紐付されます。

この制度の目的は法人税や個人の税金の滞納や未納を取り立てるために作られたもので、今後は税金をしっかりと納めない場合、国によって管理されているため差し押さえが厳しくなります。

では肝心の金融機関のローン(借金)の審査が通りにくくなるのか、ですよね。

現状では今までと全く変わりません。

そのため、キャッシングの審査が厳しくなるということはありません。

これはマイナンバー制度には借入金額などは記載されないという点と、民間企業がそのデータを利用することができないからです。

つまり「マイナンバー制度で金融機関のローン(借金)審査が通らない」ということはありませんので、安心してください。

ただ、2018年よりマイナンバー制度に銀行口座が紐付されるといわれています。

これだけなら特別問題はありませんが、実は将来的にマイナンバーを民間企業も使えるようにする法案を検討していると言われています。

そうなってくると審査に影響がでる可能性が高いです。

なんせ、こちらの情報が丸裸になってしまいますからね・・・。

また、先ほども紹介しましたが、マイナンバー制度の導入によって、税金や年金の未払いが簡単に把握できるシステムになっています。

つまり、未払いがあると今までは勧告程度で済みましたが、今後はきちんと申請をして払えない経緯を年金事務所などに申告しない限り、今までのような優しい取り立てでは済まなくなると言われています。

この結果、今までのように頑なに拒否し続けると、会社の給料から天引きされてしまうので、過去に払っていない分が会社にバレてしまいます。

借金が多くて年金や税金を払えないほど生活が圧迫されている場合、債務整理することも1つだと思います。


法律問題・法律相談はこちら