格安スマホ節約術!今のプランを見直して料金を下げる

今は1人1台は携帯・スマホを持っている時代。
最近では仕事だけではなく、大学の授業でスマホを利用する講義も増え始め、私たちにはなくてはならないものになりました。

ところが、日本で販売されている大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)は基本料金が非常に高く、海外と比べても割高です。
基本料金は最低払わなければならないため、料金プランを見直しても節約するほど料金を下げることができません。

そこで今人気なのが格安スマホです。

”格安”という名前が付いているように、本当に最小限で組み合わせると月額500円(SIMフリー端末が必要)で抑えることができます。
もちろん、色んな意味で制約などがあるため、ここまで抑える人はほとんどいませんが、それでも200円~3000円程度に月額を抑えることができるので、だいぶ大きな節約になります。

例えばですが、各キャリアスマホの基本料金を紹介すると

・DOCOMO
カケホーダイ 2700円
spモード 300円
データMパック(5GB) 5000円

合計月額8000円(税抜)

これに端末がタダではない場合、端末料金も加わります。

・au
データ定額5(V)5GB 5000円
LTE NET 300円
電話カケ放題プラン(V) 2700円

合計8000円(税抜)

これに端末がタダではない場合、端末料金も加わります。

・ソフトバンク
通話し放題プラン 2700円
データ定額パック(5GB) 5000円
S!ベーシックパック 300円

合計8000円(税抜)

これに端末がタダではない場合、端末料金も加わります。

つまり、どのキャリアを利用しても最低限この金額が掛かります。
もちろん、家族割りやスマートバリューなどに入ればもう少し安くは抑えられますが、それでも6000円を切ることはありません。

ですから、ここでは何もなしで考えますが、最低月額8640円(税込)が一般的な金額となります。

格安スマホ(SIM)を利用する場合、月額3240円(税込)だと仮定すると、1ヶ月で5400円も抑えられることになります。
1年で考えると64,800円も節約することができます。

これはあくまでも標準的な格安スマホのプランなので、これ以上節約することも可能です。

ただ、「ネットや通話は今まで通り利用したい!」けれど「今より料金を下げたい」という方の方が多いので、従来の使い方ができるプランを紹介していますが、それでもこれだけ安く抑えることができます。

注意点はSIMフリー端末を持っていなければ、端末料金が発生します。
この場合、先ほどの基本料金+端末代が加わるので、月額5000円程度かかると思います。

SIMカード自体は非常にプランが豊富で、速度は低速でも問題なければワイヤレスゲートを利用すると最低月額480円(税抜)で利用できます。
これにSMS付にすると月額630円となります。

ちなみにですが、SMS付とは電話番号を持つか持たないかの違いです。

SMSがないSIMカードだとご自身の電話番号がないため電話することができません。
SMSがあるSIMカードだと、今利用している電話番号をそのまま利用することができます。

要はSMSがないSIMカードはインターネット専用と考えてください。

LINEなども認証には電話番号が必要となります。
※フェイスブックで登録可能

最近は自宅に固定電話を置かない方が増えているので、固定電話がない方は特にSMSは必須だと思います。

話しを戻しますが、これだけを見ると格安スマホはメリットしかないように思いますが、デメリットも当然あります。

例えばですが、キャリアの様にどこに行っても携帯ショップがあるわけではないため、何かあった時のサポートは非常に悪いです。
また、電子書籍やゲームで必要な課金などもキャリアを利用していないので、必要に応じてクレジットカードを利用する必要がありますし、キャリアメールの利用ができません。
あとは通信制限やデータ容量に制限があったりですね。

ですが、これらを含めても格段に月額のコストを抑えられる格安スマホは魅力的です。

先ほど紹介しましたが、年間で64,800円も節約できれば、浮いたお金を貯金してもいいし、美味しいものを食べに行ったりキャリアアップのために習い事をすることもできます。

それだけ今のキャリアは高すぎる上に、ソフトバンクの場合は3日で1GBを超えると制限が掛かります。
今は子会社のY!mobileのWi-Fiルーター「Pocket WiFi 305ZT」が急遽ソフトバンクと同じように「3日間1GB制限」が掛かり話題となっていますが、こちらはwi-fiなのでスマホの場合は問題ありません。

最後になりますが、現在オススメの格安スマホはY!mobileです。
MNPの方限定となりますが、端末代が0円になります。

Y!mobileオンラインストアはこちら

これは月額2980円(1GB)かかりますが端末も手に入りますので、SIMフリーの携帯端末をもたれていない場合はオススメです。
端末代を購入すると数万円するので、結構手痛い出費になります。

最初から5万や6万もする端末を購入するのは、厳しいですからね・・・。

ちなみにですが、現在利用されている日本のスマホはSIMロックが掛かっているので、利用できないので注意してください。
今年の5月からSIMロックが解除された端末が登場するので、普及するのはまだ先になると思います。

一応ですが、ドコモのiPhone6はドコモにSIMロックを解除してもらうことができるのですが、解除料に3000円くらいかかったと思います。
解除されたものだとSIMカードが利用できます。

Y!mobileに戻りますが、この月額2980円のプランには誰に電話しても10分以内であればタダ(月300回まで)というプランが組み込まれています。
よく電話を利用される方の場合、このプランにプラス1000円で通話・回数制限なく国内の通話が全て無制限で0円で利用できます。
もちろん、固定電話・他社のスマホ・携帯も含まれるので、安心して電話することができます。

また、携帯ショップも他のMVNO(格安スマホ会社)よりも多いので、何かあった時のサポートもその中では安心です。

大手キャリアの月額料金は非常に高いので、上手く利用してスマホ料金を節約しましょう。