月別アーカイブ: 2016年11月

どろあわわと然よかせっけん、元祖モチモチ泡の効果

モチモチの泡で有名な、元祖といえば「どろあわわ」と「然よかせっけん」だと思います。

どちらも濃厚な濃い泡が作れるので、クッション性が高くお肌を傷つけるのを最小限に抑えられる・・・というのがポイントになっています。

また、泡立てネットで粒子の小さい泡を作りますから、お肌の毛穴の奥まで汚れが落とせるのも、人気の理由だと思います。

当時、このモチモチ泡はすごく話題となり、私もよく使っていました。

使ったことがある方はご存知だと思いますが、本当に使い心地がいいので、使い始めると他の石鹸が物足りなくなるくらいです。

このどちらの石鹸も、ニキビ・保湿・毛穴汚れについて全面的に推しています。

使っている原料はどろあわわが「泥」、然よか石けんが「火山灰シラス」。

どちらも自然のものを主成分に利用しています。

ただし、他の成分で添加物などが含まれていますので、オーガニックコスメなどではありません。

最近はオーガニックブームになっていますが、自然派が体にいいといえばそうではありません。

この点は注意が必要です。

さて話を戻しますが、どちらも非常によく売れている洗顔石鹸です。

いちいち泡立てネットを使わないといけない点はマイナスですが、それによって皮脂や汚れをしっかりと落としてくれる泡ができるので、手間はかかりますが我慢できます。

最近はこの泡について疑問の声もありますが、どんな商品でも色々と後から話が出てくるので、どこまで信憑性が高いのかはわかりません。

気にはなりますが、気にしすぎると何も行動に移せないので、それはそれで問題が出てきますから。

この両方の洗顔石鹸は今もずっと売れ続けているので、それだけ効果を実感し支持されている証だと思います。

どちらも同じモコモコ泡なのですが、使用用途が少しことなるので、個別に簡単に説明したいと思います。

■どろあわわ

泥の成分「マリンシルト」「ベントナイト」を主成分とし、毛穴の奥の汚れを吸着しやすいように作られています。

保湿成分であるヒアルロン酸・コラーゲンなども贅沢に配合し、洗いあがりのつっぱり感を抑えるように作られています。

ただ、実際にどろあわわを利用されている方のHPを見ると、乾燥肌だとツッパリを感じるそうです。

これは肌質にもよりますが、私は乾燥肌なのでつっぱり感は毎回感じます。
ですから、洗顔後の保湿は欠かせません。

参考サイト:どろあわわの口コミ・効果を紹介!

他にもいくつものサイトや@コスメなどの評価を見てみましたが、やはり乾燥肌の方はツッパリを感じやすいようなので、どろあわわだけでの保湿は難しいようです。

☆どろあわわを利用されるのにオススメの方

・ニキビになりやすい
・毛穴の汚れが気になる
・イチゴ鼻が気になる

■然よかせっけん

火山灰シラスの「シラスパウダー」を主成分とし、毛穴の奥の汚れを吸着しやすい超微粒子のパウダー仕様。

保湿成分には「緑茶エキス」「ウーロン茶エキス」「黒砂糖」が配合されています。

他にも「コラーゲン」「ローヤルゼリーエキス」「アロエエキス」が配合されており、美肌成分60%以上で作られています。

ただ、然よか石けんもどろあわわと同じように、乾燥肌の方が利用するとツッパリを感じやすいそうです。

ですが、販売個数は2100万個を突破し、今も大ヒットしている商品なので、効果を実感されている方が多いです。

☆然よかせっけんを利用されるのにオススメの方

・ニキビになりやすい
・毛穴が目立つ
・イチゴ鼻が気になる

どちらの商品もオススメしたいポイントは同じです。

効果なども同じような感じで公式HPで紹介されていますので、あとは好みの問題だと思います。