カテゴリー別アーカイブ: 性病

「梅毒」が蔓延!都市部の若い女性に増えている性病

都市部で梅毒に感染している人が増えているそうです。

梅毒といえば、むかし流行った性病で、ここ数年前までは日本では感染する人はほとんどいませんでした。

ところがここ最近、特に若い女性の感染者数が急激に増加していて、厚生労働省が注意を呼びかけています。

これは全体の感染者となりますが、2015年と2016年の四月までの同時期を計測すると約2倍になっていて、4月3日の時点では883人の方が感染していたようです。

特に東京では389人、大阪では112人と都市部で非常に感染者が多く報告されています。

ただ、注意しなければならないのは、あくまでも病院で検査された方の患者数であるということ。

検査されていない方は圧倒的に多く、もし一斉に検査することになると、この数倍の方が感染していると予想されます。

梅毒は妊婦さんの場合、胎児に感染させる危険があり、重い後遺症や死産を引き起こすおそれがあります。

また、妊婦さんではなくても、梅毒が重症化すると死にいたるケースもあります。

昔は治らないとされ、非常に怖がられた性病「梅毒」。

今は薬の開発によって治療することができますので、昔のように怖がる必要はなくなりました。

ですが、妊婦さんの場合は胎児に感染しますし、性病であるがゆえに、パートナーに感染させてしまう危険性があります。

厚生労働省は、「症状が出たら早期に治療してほしい」と呼びかけていますが、初期の頃は非常にわかりにくいので、まず早期に気が付く人はほとんどいません。

そのため、パートナー以外の方と性行為をしてしまった場合など、なにかしら不安になる行為があった方は、病院などで検査してください。

保健所では普段からHIVの検査は行われていますが、たまに梅毒や淋病・クラミジアなどの検査を無料で行っていることもあるので、お金をかけずに検査することが出来ます。

ただし、頻繁には行われていませんので、自治体の保健所に連絡して、一度聞いてみてください。

あとは、自宅でいつでも自分で検査できる性病検査キットというものがあります。

こちらは病院と同じ信頼度の高いもので、市町村が指定しているので安心です。

忙しかったり、病院にはちょっと・・・という方にオススメです。

2日で検査結果が出る性病検査キット
▼  ▼  ▼  ▼

TBS系(JNN) 4月12日(火)12時57分配信
梅毒患者、都市部を中心に急増